読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harpaKatzeの英語勉強ブログ

英語の小説が読みたい,雑誌や新聞も読みたい,字幕なしで映画とか楽しみたい...

SVL Lv6 まで完了

勉強の経過

Lv6 までの単語を一通り覚えた。Lv6は「検定試験に挑戦する英単語」という分類。大学入試以上,実用未満ということだろうか。約1ヶ月半で,Lv2~6 の抜けていた540語を新たに覚えたわけだが,これだけの語彙数を多読によって身に付けるとすると,相当時間がかかるだろう。ただし,単語帳による速習は,忘却速度が速い可能性が高い。そこで,記憶の定着のために「究極の英単語 Vol. 2 (アルク)」を購入。
 
初めからこれを買えば良いのでは,と思わなくもないが,経験上,単語帳で覚えるのは挫折する。単語帳は単語を覚えてから開くのが正しいはずだ。このVol. 2は Lv4~6 に対応している。Vol. 1 から順番に学習することが望ましいと書いてあるが,今は覚えたての Lv6 定着が目的なので,Vol. 2から始める。正しい発音を確認するために,合わせて音声教材も購入した(こちらは Lv1~12 の全部入り)。移動時間を利用して復習+リスニングトレーニングを行うことにする。
 
暗記カードアプリとして,これまで anki pocket(東京書籍)を使ってきたが,単語数が増えると復習に費やす時間が長くなる問題がある。調べたところ,Ankiというアプリ(というよりシステム,https://apps.ankiweb.net/)が人気のようだ。
 
anki pocket との決定的な違いは,なにやら高度な学習理論を使って,少ない復習カード数で,最大限の記憶の保持ができるのだそうだ。パソコンでカードを作って,webにアップすると,スマホアプリで同期されて学習できる。Excelデータを取り込めるので,これまでに作ったリストを簡単に移行することができた。anki pocketに見られた発音記号の文字化けや,登録カード数,文字数の制限もなさそう。デフォルトでは,その日新規に学習するカードが20枚,復習するカードが100枚に設定されている。しばらくはこれでやってみる。